株式会社 イットディビジョン:IT DIVISION CO., LTD.

INVERALLAN(インバーアラン)

スコットランド:ニットウエアー

Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
Inverallan インバーアラン
インバーアラン社は、スコットランドの特徴ある伝統的、ベストクオリティーな製品を、インバーアランブランドの名のもとに集めることにより始まったものです。取扱商品は、ハンドニットのほかに機械編みのシェットランドセーターやツィードのハンティングジャケット、またシングルモルトウイスキーやゴルフ関連の製品など、多岐にわたります。これらの製品のほとんどすべてが、マスプロダクトでは出来ない、ハンドメイドやハンド仕上げになっています。
ハンドニット
インバーアランのハンドニットは、1人のニッターが、少なくとも25,000ステッチからなる1枚のニットを約90時間かけて編み上げます。よって納期については、糸の調達から最終の出荷までで、通常は約6ヶ月かかるものです。オーダーの内容=難易度に合わせて、適切なニッターが、糸とニッティング・パターンにもとづき製品化します。
日本のマーケット向けのオーダーは、経験豊かなニッターのみで編むことで、従来非常に難しいといわれる品質の安定に努力しています。
もちろん、すべて完全なハンドメイド、手作業による仕上げのため1点ごとにその製品の固体差があります。同じサイズでもニッターの編み方はニッターのニッティングの強さによりサイズに差がでてきます。しかしこの固体差、雰囲気の違いが大量生産品と異なった魅力ともいえるでしょう。製品の差は、ハンドニットならではの個体差であり、ニッターの個性でもあります。
また、日本のマーケット向けには、Aran、Shetland、Tweed、Blue Face、Lambswool、Cashmere糸など幅広い糸の種類を用意し、それぞれの素材の特徴を説明したチケットを商品に付けています。同時にこのチケットが、正規代理店取り扱い商品の証明にもなります。 アイテムについては、機械生産の商品と違い、ガーメントのスタイルやヴァリエーションのみならず、マフラー、帽子などアクセサリーの種類も豊富です。
アランセーターのパターンの歴史
アランセーターのパターンについては、9世紀初期のスコットランド史のなかに記録されています。もっとも最初のパターンは、先史時代の石碑の象形文字のなかにあります。後に中世になると、伝統的なアランセーターのパターンは、スコットランド東部・沿岸地方とイングランド、スコットランド西部・沿岸地方とアイルランドのふたつに分かれていきます。前者では、ヨコ編みが主で、それぞれの漁村ごとのパターンができました。後者では、タテ編みが主で、ファミリーごとの、その職業をあらわすパターンができました。
19世紀後半になるとスコットランド東部沿岸地方の漁師の妻たちが、Circular Needles(丸編み)でシームレスの“Guernsey (ガンジィー)”ニットを彼女たちの住む漁村のパターンで編みはじめました。Guernseyニットは、毎日厳しい気候のなか、漁に出かける男性達のために、未脱脂の糸を使うことで、防水、防風に優れていました。
アランセーターのニッティング・パターンには、それぞれに意味があります。それは、何世紀にもわたり、アランセーターを編んで着ていた人々の厳しくも、尊い生活を映し出したものでした。インバーアラン社の手編みのアランセーターは、そういった美しさと本当の伝統を感じることのできる商品といえるでしょう。
INVERALLAN ハンドニットの原産国に関して
ニッターの高齢化、年金制度の見直し、個人情報保護などの観点から、内職でハンドニットを生産する事は不可能になりました。英国の最低賃金保証の法律に基づくと(2018年 3月時点)1時間当たりポンドSTG7.83 x 最低40時間のニッティングで=ポンドSTG.313.20=¥47,000がハンドニット1着分の最低工賃になります。これに原材料、管理運営費、フレイト、関税諸々を含めると、従来の3倍程度の価格高騰が予想されます。
そこで、過去40年に渡り継続してきたインバーアランハンドニットとしてのニッティング、パターンなどクオリティを保ったまま、価格高騰を避ける為に、ハンドニットの工程をスコットランドから一部変更する事になりました。
1.材料は100%ウールで、紡績・染色が英国イングランド
2.ニット製品の編み立てがインド
3.編み上りニット製品の品質確認、プレス、ボタンなど仕上げ工程が英国スコットランド
上記の工程が、日本の消費者庁の指示によって、今後は原産国がインド製となります。
日本市場以外ではこれに従う原産表記が必要ない為に従来のままの製品が出回る事もあります。
しかし、今後、ハンドニットのスコットランド生産は一切ありません。

原産国が変わるのは、手編みハンドニット製品のみです。
株式会社イットディビジョンの取扱う正規品INVERALLANオーセンティックニットなど、マシーンニットは従来通り全てスコットランド製品、アイルランド製品になります。

INVERALLANのブランド商標権は日本およびアメリカ国内に関して株式会社イットディビジョンが権利を所有しております。
英国のINVERALLAN社は創業当初からは経営陣が数回にわたり法人名とともに変わっており、同一企業ではありません。
株式会社イットディビジョンは、主に日本国内の安定的なビシネスをサポートするためにもINVERALLANブランドの商法権を当時のオーナーとの合意のもと所有するに至っています。そのため、現在の英国INVERALLAN社の扱う、INVERALLANラベルの製品であっても株式会社イットディビジョンのラベルを有しない、株式会社イットディビジョンからの販売でないものは日本国内でINVERALLANブランドとしては販売が許可されておりません。
店頭であるいはネット販売においても、株式会社イットディビジョンの有する商標権の侵害に触れる可能性があり、法的な排除勧告の対象になることがあります。株式会社イットディビジョンの取り扱うINVERALLANラベルの商品のみが日本およびアメリカ国内において認められております。
一部、並行輸入などの製品が流通することもあるかもしれませんがこの点に関して充分ご注意ください。
INVERALLAN Authentic Knitwear ニットウェアー(マシーン)
インバーアランの伝統的なシェットランドやラムズウールなどを使用したニットです。
シェットランドは、英国羊毛をベースに紡績される最も伝統的な糸で、英国羊毛の持つオリジナルの色調を最大限に生かし、最新の色合いもブレンドした絶妙なミックスの色が特徴です。
またラムズウールは、生後6ヶ月未満の子羊の羊毛のみから作られる高品質なそして発色、肌触りがとても優しい高級糸です。
シェットランド糸やラムズウール糸は、英国国内で紡績、最終仕上げされている糸を使用しています。その貴重な英国糸をスコットランドでフルファッションやジャガード機などの伝統的な機械により、インバーアランの伝統的なニッティングパターンを忠実に編上げハンドフィニッシュしたものがこのニットです。
独特の発色と軽くフィットしやすい素材を生かした丁寧な仕上げの製品を、生涯楽しめるニットとして大切にケアーしてください。
INVERALLAN Authentic Knitwear Accessories スカーフ、ハット、グローブ(マシーン)
インバーアランの伝統的なスタイルやニッティングパターンをマシーンニットで再現したアクセアリーです。英国で紡績された高品質のラムズウール糸やドネガルツィード糸を使用しています。
アランパターンやリブステッチ、クリケットケーブル、ジャガード編みのスカーフやハットと豊富なスタイルと多色展開が可能です。