HumphreyLaw:ハンフリーロー

オーストラリア:ソックス

HumphreyLawは、1947年創業のオーストラリアのソックス専業メーカーです。生産のすべてのプロセスをオーストラリア・ヴィクトリア州にある自社工場で管理し、原糸をツイストして染色する紡績の段階から、ニッティング、最終のフィニッシュまでを一貫生産しています。
Sidney HumphreyとAlbert Lawの二人の共同経営ではじまった会社は、現在2世代目のファミリーが引き継いでいますが、高品質で、リーズナブルなプライスの商品という創業当初からのポリシーは変わることなく、さらに最新の技術も積極的に取り入れています。
 
メンズ、レディースそれぞれに、The Health Sock®をベースに、ビジネス、ファッション性の高いもの、スポーツ、ワークのカテゴリーがあり、素材は、オーストラリア産のメリノウールとマーセライズド加工のコットンが中心となります。HumphreyLaw社は、1984年に、独自の商品開発により完成したThe Health Sock®の商標を登録しています。サイズ展開は、オーストラリアのメーカーということもあり、ラージ / キングサイズまで対応しています。

The Health Sock®について
The Low Pressure Health Sock®

合成繊維がブレンドされているので伸縮性はありますが、
締めつけ感のあまりないソックスで血行を促進します。

The No Tight Elastic Health Sock®

Elastane(ポリウレタン)を使用しているので、足に適度な締め付けがあり、
フィット感がよく、スムーズな、はき心地のソックスです。

素材について
Highland Merino Wool(メリノウール)

メリノウールについては、Australian Wool Innovation Limited という機関が、実際の着用をもとに科学的な検証をしていて、その通気性の高さから、ある程度の着用時間でおこる発汗による湿気や不快なジメジメ感、すべり、悪臭などが、明らかに軽減されることがわかっています。
また、その効果は、他の素材に比べても、非常に優れています。
このような理由から、HumphreyLawのメリノウールのソックスは、年間どの季節にも快適に着用することができます。

Mercerized Cotton(マーセライズド加工のコットン)

1844年、英国のCalico(キャラコ綿布)の染色工場を経営するJohn Mercer は、濃縮苛性ソーダにコットン地を通すことで、生地の繊維が伸びて強度がでて、艶と光沢がでて、そして、摩擦への耐久性と吸水性も高くなることに気づきました。この加工のことを彼の名前から、Mercerizedと呼んでいるのです。
自社工場内でコットンの原糸の撚りと染色を行っているHumphreyLaw社では、のMercerized Cotton の糸を使うことで、より美しい発色の糸に染色することができるのです。